1. TOP
  2. 美容
  3. 40代からの正しい洗顔方法-やってはいけない5つのポイント

40代からの正しい洗顔方法-やってはいけない5つのポイント

美容
この記事は約 3 分で読めます。 1,774 Views

基礎化粧品はシワやくすみなど肌の変化に応じて替えてきたけれど
洗顔方法はずっと同じまま、なんてことはありませんか?

加齢で肌が変化するのと同じように、
じつは洗顔も年代にふさわしい方法があります
どれも今日からすぐに実践できるものばかり
洗顔方法を変えて、トラブルなしのプルプル素肌になりましょう

朝・夜ともに洗顔料で洗うのはNG

朝と夜で洗顔方法を変えましょう

皮脂の分泌が少なくなってくる40代以降
いつのまにやら、あぶらとり紙が必要なくなっていたり
Tゾーンの化粧崩れが気にならなかったり
あっ、私も!と思ったら朝は洗顔料を使わず、ぬるま湯だけの洗顔でOKです
肌の汚れは、ぬるま湯で70%以上落ちるといわれています

日中にTゾーンが脂浮きする場合は、Tゾーンだけを
よく泡立てた洗顔料をなじませるように軽く洗いましょう

朝は前の日のダメージからバリア機能が回復しているときですから
せっかく回復した機能をこわさないように、優しく洗いましょう

目元・口元のこすりすぎ

目元、口元はとてもデリケート
ポイントメークの取り残しをキレイにしようと
ついこすりすぎていませんか?
こすりすぎはたるみの原因にもなりますから、あなどれません
泡をのせて、軽くなじませるように洗うだけで大丈夫です

力の入りすぎを防ぐためには、薬指で洗うのがベスト
ためしに人差し指、中指、薬指の順で頬をなでてみてください
同じようになでても、薬指が一番軽く感じませんか?
じつは薬指は一番力が入りにくい指なんです

洗顔温度、高すぎませんか?

sennganondo

高温での洗顔は皮脂や肌の潤いを保つ
天然保湿成分(NMF)まで取ってしまいますから
ぬるま湯で洗顔しましょう

ここでぬるま湯って、いったい何度?と疑問が・・・
洗顔に適した温度は、体温よりも低い32~33℃です
冬は入浴中だと寒く感じるくらいなので、体を温めてから洗顔しましょう

シャワーで洗い流すのはNG

shower

まんべんなく汚れが落ちそうだし、マッサージにもなるかな?
なんて考えて、シャワーを使って洗顔していませんか?
肌の角質はラップよりも薄くて、デリケートなので
シャワーの水圧も肌ストレスになってしまいます

そのうえ、体にかけて気持ちよい温度設定のまま
顔にかけてしまいがちなので、皮脂も取り過ぎてしまいます

優しく拭いていますか?

fukitori

洗い終わったら、拭くのも優しく
朝はあわただしいので、ササッとこすり拭きしていませんか?
こすることは、おもいのほか肌への負担が大きく
シミや肝斑、たるみの原因になります

拭くというより、押さえて吸い取らせるような感じで
優しく水分をとりましょう

タオルも肌触りのよいふんわりしたものを!
ガーゼタオルも肌に優しいので、おすすめです

まとめ

洗顔のNGポイント、いかがでしたか
ついついやってしまっていることがありましたか?

スキンケアに比べて、洗顔は何気なく行いがちです

洗いすぎ、こすりすぎ、温度などに気をつけて
肌に優しい洗顔を心がけてみてくださいね

洗顔はスキンケアの基本です
正しい洗顔の積み重ねで肌ダメージをストップ!
1ヶ月後、半年後の肌が楽しみになりますよ

\ SNSでシェアしよう! /

大人きらり | 美容・健康・ライフスタイルに役立つ情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人きらり | 美容・健康・ライフスタイルに役立つ情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

otona-kirari-take

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライフライン ベーシック モイスチャーセラムの口コミと実力は?

  • ヘアカラーのアレルギーに注意

  • 肌くすみやシミの原因はブルーライトにも!効果的な対策とは?

  • エイジングケア入浴法-正しい入浴方法で美肌に!

関連記事

  • エイジングケアの味方、ブースター美容液で美肌効果アップ!

  • ヘアカラーのアレルギーに注意

  • ライフライン ベーシック モイスチャーセラムの口コミと実力は?

  • 肌くすみやシミの原因はブルーライトにも!効果的な対策とは?

  • エイジングケア入浴法-正しい入浴方法で美肌に!

  • 美容オイルの種類や使い方を知って全身美人に!