1. TOP
  2. 美容
  3. 肌くすみやシミの原因はブルーライトにも!効果的な対策とは?

肌くすみやシミの原因はブルーライトにも!効果的な対策とは?

美容
この記事は約 5 分で読めます。 1,689 Views

ブルーライトって何?

肌くすみやシミの原因といえば紫外線というイメージが強いですが
じつはブルーライトも要注意!
ブルーライトは波長が380~500ナノメートルの光で
可視光線のなかでも波長が長く強いエネルギーを持っていて
肌へのダメージがあるといわれているんです


ブルーライトは太陽光にも含まれていますが
じつはLEDライトやスマートフォンやパソコンからも発生しているのです
明るい部屋ではブルーライトの強さをあまり感じませんが
部屋を暗くしてみると、パソコンやスマホってかなり明るいですね
つまり、私たちは一日中ブルーライトを燦々と浴びているというわけです

紫外線のように、日焼けするわけではないので、油断しがちですが
オフィスや家にいるからくすみやシミ対策をしなくても大丈夫
・・・なんて言っていられませんね

ブルーライト対策、できていますか?

とはいえ、ブルーライト対策をしている方は意外に少数
対策目的としては、「目を守るため」に
ブルーライトカットメガネをかけるという方が多数

近眼や老眼鏡にもブルーライトカットレンズがありますが
ブルーライトだけをカットするためのメガネの購入率は低いようです
さらに、残念なことに肌を守るためにブルーライト対策をしてる方は
少ないのが現実のようですね

PCやスマホのブルーライトから肌を守る方法

では、肌を守るブルーライト対策ってどうすればよいのでしょうか
パソコン作業が長い方は、ディスプレイに付けるブルーライトカットフィルム
スマホやタブレットにもブルーライトカットカットフィルムを貼りましょう

いますぐできる対策としてはiPhone・iPadの「iOS 9.3」で追加された「Night Shift」があります
「Night Shift」を常にオンにして、ブルーライト低減させることができます
「Night Shift」は、iPhone 5s、iPad Pro、iPad Air、iPad mini 2以降
iPod touch(第6世代)にある機能、iPhone 5、iPhone 5cなどにはありませんのでご注意を

「Night Shift」の設定方法はカンタン
【設定】→【画面表示と明るさ】をタップし、【Night Shift】をオンにして
【カスタムスケジュール】から希望の時間設定を選ぶだけです

「Night Shift」にすると、画面が少し黄色っぽくなるのが残念なところ
白熱灯の下で何かを見たときのような色合いともいえます
慣れの問題かもしれませんが、最初は違和感があります
色あいをもっと自然に感じたい方はブルーライトカットフィルムのほうがおすすめです

化粧品でブルーライトから肌を守りましょう

美容業界もブルーライトから肌を守ることに着目
各メーカーからUVに加えて、ブルーライト対策のアイテムが発売されています

ランコムはブルーライトが細胞全体を変色させたり、色素沈着が長く続くことを発見
ブルーライトもしっかりプロテクトするCCCテクノロジーを開発
日やけ止め用乳液UV エクスペール XL CCC(SPF50+/PA++++)
カラーは日本人女性のために開発した3色展開
(ピンクオークル、オークル、ベージュオークル)

ディオールからもプレミアム UVプロテクションとして
プレステージ ホワイト ル プロテクター UV (SPF50+/PA++++)が発売されています
プレミアムという名前どおりかなり高価なアイテム、30ml・12,500円です

日本のメーカーではドクターズコスメのアンプルールから
ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラス (SPF50+/PA++++)が新発売
国内最高基準の紫外線防御力でUV-A、UV-Bを徹底ブロック、
ブルーライトにも新たに対応して
肌老化の原因の約8割を占める「光老化」対策ができます

ノーメイクで室内にいるときにも、ブルーライトから守ってくれる日焼け止めをつけましょう
ほお骨の上や鼻には重ね付けをお忘れなく!

ブルーライト対策は体の中からも

外部対策だけでなく、体の中からもブルーライト対策をしましょう
紫外線やブルーライトなどから発生する活性酸素はお肌の大敵です
活性酸素に負けないためには、抗酸化成分を含む食材がおすすめ

抗酸化力のあるビタミンA・C・Eをたっぷりと摂りましょう
ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保ち
ビタミンCは免疫力アップ、メラニン抑制、コラーゲンの合成をサポート
ストレスの緩和などの働きがあります
ビタミンEは血行促進、LDLコレステロールの酸化を防きます

ビタミンA・C・Eは、組み合わせると相互に作用し効果を高め合うのが特徴
それぞれのビタミンが助け合って、さらに抗酸化力を高めてくれるので
バランスの良い食生活を心がけて、しっかりと摂りたいですね
ピーマンやカボチャはビタミンA,C,Eを含む代表的な野菜です

まとめ

意外に知らない、けれど怖いブルーライト
美肌を守るためにパソコンやスマホには、ブルーライト軽減アイテム
毎日のスキンケアには、ブルーライトプロテクト効果のある下地クリームを!
さらに、ビタミンACEを含んだ食材を取り入れたメニューで体の中からも対策しておきましょう

\ SNSでシェアしよう! /

大人きらり | 美容・健康・ライフスタイルに役立つ情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人きらり | 美容・健康・ライフスタイルに役立つ情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

otona-kirari-take

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライフライン ベーシック モイスチャーセラムの口コミと実力は?

  • ヘアカラーのアレルギーに注意

  • 肌くすみやシミの原因はブルーライトにも!効果的な対策とは?

  • エイジングケア入浴法-正しい入浴方法で美肌に!

関連記事

  • ヘアカラーのアレルギーに注意

  • 40代からの正しい洗顔方法-やってはいけない5つのポイント

  • 幹細胞コスメを知るには基本から…そもそも幹細胞コスメって何?

  • ライフライン ベーシック モイスチャーセラムの口コミと実力は?

  • エイジングケアの味方、ブースター美容液で美肌効果アップ!

  • エイジングケア入浴法-正しい入浴方法で美肌に!